金毘羅院

大 平 山 金 毘 羅 院

おおひらさん こんぴらいん

金毘羅院

大平山金毘羅院

おおひらさん こんぴらいん

5月 行事予定

1日(土)朔日祭 ≫

4月17日~5月5日四国八十八ヶ所お砂ふみ ≫

18日(火)先祖供養の日

24日(月)水子供養の日

今週のごあいさつ

【「美味しい」は幸せか?】 5月2日

連休に入りましたがコロナも広がっているしお天気も良くない日が多いし、なんとなくウキウキしにくい連休ですね。せっかくなのでゆっくり体を休めましょう。

先日の夕飯での出来事。ご飯を食べながら私が子どもたちに「ご飯美味しいね。」と言ったところ、5歳になる長男が「おいしいって幸せっていうこと?」と急に大人びたことを言ってきたので、「あらやだ、この子ひょっとして人生2周目なのかしら。恐ろしい子…」と内心動揺しつつも、「うんそうだね。おいしいのは幸せだね。」と同意しました。
ただそのあとも長男の悟ったような言葉が妙に引っ掛かり、「本当においしいということは幸せということなのだろうか。あんなに簡単に同意をせずに、もっと色々な角度から検証した方がよかったのではないだろうか。」と考え込んでしまいました。
そして色々と考えた結果、やっぱり「おいしいことは幸せだ」という結論に達しました。
ではなぜそう考えたかをご紹介します。

例えばこれが「美味しいものを食べることが幸せ」だったら違うと思うのです。
確かにおいしいものを食べたら「幸せ。」と思わず言っちゃうこともありますが、おいしいという気持ちはあくまで主観です。だから同じものを食べていてもその時の気持ち次第で「おいしい」と感じるときもあれば、「おいしくない」あるいは「味に集中できない」というときもあります。
例えば失恋した後とか仕事がうまくいっていない時とか、病気を宣告されたといった状況だと、普段美味しいと感じるものでもそのおいしさを感じることが出来ない。ということもありえるのです。
だから「美味しいものを食べる」ということはイコール幸せだとは限らない。
けれど「おいしい!」と感じることができるという場合は、それだけ気持ちに余裕のある時だということなので、そういう心の状態であるというのはやはり幸せなことだと思うのです。だから「おいしいということは幸せ」だと言えます。

あと「美味しいものを食べる=幸せとは限らない」と書きましたが場合によっては気持ちが落ち込んでいる時に美味しいものを食べたら気持ちが明るくなる、ということもあったりします。この場合は沈んだ気持ちを前向きにさせるきっかけとして「おいしい」ということがあったのだとすれば、やっぱり「おいしい=幸せ」だと言えると思います。
あ、あと自分の作ったものを「おいしい!」って言ってもらうのも幸せですよね。
こんなふうに今回いろんな角度からおいしいを検証してみましたが、おいしいって大事ですね。
コロナウイルスの影響で外食などをしにくい状況ではありますが、日常の中で「おいしい」と思うことを大事にしていきたいなと思いました。
おいしいと感じる幸せ。それを感じられる心の穏やかさ。
おいしいっていいですよね。穏やかもいいですよね。大事にしたいですね。

今週も最後まで読んでいただきありがとうございました。

合掌

ご 案 内
お砂ふみ

四国八十八ヶ所お砂ふみ

4月17日~5月5日開場

お砂ふみ

厄払い・厄除け

当山の厄払い・厄除けのご祈祷について

ご祈祷

ご 祈 祷

厄払い・合格祈願・車のお祓いなど

こどものご祈祷

こどものご祈祷

安産祈願・七五三・十三参りなど

ご供養

ご 供 養

水子供養・先祖供養

年中行事

年 中 行 事

初詣・節分祭・お砂ふみなど

お祈り守り

お祈り守り

現在山陰地方の方のみ受付けております

ぼけ封じ

ぼ け 封 じ

ぼけ封じ祈願について

墓地・葬儀

墓地・葬儀

金毘羅院墓地
「照光苑」について

金毘羅院について

昭和37年、それまでは岡山県新見市を中心に活動をしていた先代の住職が、 新しい布教の場を求めて托鉢修行を発願いたしました。 その時に倉吉の地で 知り合った方から現在の金毘羅院の基礎となる土地を譲り受け小さなお堂を 建立しました。これが当山の始まりです。

その後、数度の建て直しを経て平成2年に現在の本堂が落慶されました。現 在ではご祈祷を中心に参拝者のご相談を聞くお寺として、地元や近隣の県よ り多くのお参りを頂いております。

また平成23年からは金毘羅院墓地「照光苑」を開き、永代供養墓「還阿堂」 を建立いたしました。

金毘羅院について
団体参拝

団体参拝(ツアー)

金毘羅院では団体参拝を受付けております。祈願ろうそく、ぼけ封じ絵馬からお選びいただきます。

出張

出 張

金毘羅院では年に4回、松江と福山に出張しております。どなたでも自由にご参加いただけます。