今週のご挨拶

【色々な見方をするよう心がける】 10月13日

大変大きな台風が上陸し、関東を中心に各地で被害が出ているようです。鳥取県は暴風域からは外れていましたが、それでも風が強く、停電している地域もあったようです。これから段々と被害状況がわかってくるのでしょうが、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また昨日は台風の中松江の出張に伺いました。この天気ではお参りもないのではないかと思っていましたが、それでも数名お参り下さりました。ありがとうございました。場所を提供して下さったラパン母衣町店様にも重ねてお礼申し上げます。

さて、この季節になるとブタクサが至る所にはえますね。松江に出張へ行く道沿いにずーっとブタクサが生えていました。
ブタクサ。セイタカアワダチソウと言いますが原産は北アメリカ。戦後アメリカからの輸入物資に種子が付いて、それが全国に広まったという説や、養蜂用の花として植えられて広まったという説など諸説あるらしいですが、要するに外来種として全国で爆発的に繁殖しました。
繁殖が広まる1番の理由は敵がいないことです。原産国であればその種の敵となるがいて、例えばブタクサだと鹿や虫がブタクサを食べるので大繁殖しないようなのですが、日本だと敵となる種がいないためどんどん繁殖していくのだそうです。
そして外来種が繁殖して困るのは、その国独自の生態系を壊してしまうということにあります。
本来日本の野草が茂っていたはずの場所がブタクサにより浸食されてしまうというのは大きな問題です。
また動物の外来種の被害もあります。
一時アライグマが家の屋根裏に住みついて悪さをするとか、文化財の建物に爪を立てて被害を及ぼすといったニュースをよく目にしました。


このように本来日本に生存していなかった動植物が日本に住みつき、それにより文化や自然に大きな影響を与えていると聞くと、残念な気持ちになりますし、ちょっと怒りすらこみ上げてきますよね。外来種に侵略されている気にもなります。
ただ、ちょっと興味があって調べてみました。逆に日本原産の動植物が海外で外来種となって被害を与えていることはないのだろうかと。
そしたら、ありました!しっかり日本の動植物も外来種として迷惑をかけていました。

代表的なところでいうと、鯉。
鯉確かに強そうですよね。低温でも生きることが出来、そして雑食。どこでも生きていけそうです。しかもかなり大きくなるので住みついたら生態系を壊しそうですよね。
日本ではブラックバスやブルーギルが住みついて大変だと言われていますが、外国では日本の鯉も迷惑だそうです。

植物で言うとイタドリ。ご存知でしょうか?うちの住職は「しゃじなっぽ」と呼んでいますが、太い茎が伸びる植物です。うちの住職はこれを採るのも食べるのも大好きで、だいたいは味付けして炊いて食べるのですが、皮をむいて塩をかけて生のままかじったりもしています。そのイタドリもヨーロッパなどで大いに繁殖し、コンクリートやアスファルトを突き破る被害を出しているそうです。
それからワカメも世界の海で繁殖して問題になっているようです。ワカメって海外の海にはいないんですね。
上記に例として挙げた3種の日本産外来種は、世界の侵略的外来種ワースト100に入っているそうですよ。

このようにニュースなどで見るだけでは日本が一方的に外来種の被害を被っているような錯覚に陥りますが、ちょっと調べてみるだけで実際はそうではなく、日本原産のものもしっかりと世界の問題になっていることがわかります。
人はどうしても一方的な見方をしてしまいます。特に自分の属している側が正しいと思い込みがちです。
けれども他方から見た場合、決してその見方が正しいわけではないということがわかることもあります。
一方的な正しさを信じ込まず、出来るだけフラットに物事を見ることを心がけ、色々な見方が出来るだけの知識を持つということが大切なんだよな、と気づかせてくれる今回の事柄でした。

今週も最後まで読んでいただきありがとうございました。

合掌

10月の行事予定

10月1日(火)    朔日祭 »
10月6日(日)   福山出張 »
10月12日(土)  松江出張 »

10月18日(金)  先祖供養の日
10月24日(木)  水子供養の日

今月の言葉
ご祈祷

ご 祈 祷

ご供養

ご 供 養

年中行事

年中行事

お祈り守り

お祈り守り

ぼけ封じ

ぼけ封じ

葬儀・墓地

葬儀・墓地

ご祈祷

ご 祈 祷

ご供養

ご 供 養

年中行事

年中行事

お祈り守り

お祈り守り

ぼけ封じ

ぼけ封じ

葬儀・墓地

葬儀・墓地

金毘羅院について
団体参拝
その他の活動
出張のご案内
...
トップへ戻る