金毘羅院

大 平 山 金 毘 羅 院

おおひらさん こんぴらいん

金毘羅院

大平山金毘羅院

おおひらさん こんぴらいん

大 祭

11月3日(木・祝)に秋季大祭を厳修いたします。 ≫

祈 祷

今年度の七五三の受付を開始いたしました。 ≫

重 要

新型コロナウイルスの感染防止に配慮し、以下の新規受付をおこなっておりません。
・お祈り守り
・団体参拝

10月 行事予定

1日(土)朔日祭 ≫

18日(火)先祖供養の日

24日(月)水子供養の日

今週のごあいさつ

悪いのは誰だ?

小さな子どもと一緒に生活をしていて、親として「こういうのはよくないな」と思うことがあります。

 どういうことかというと、例えば子どもが、ご飯をちゃんと食べないとか、不注意で飲み物をこぼすとか、言ったことをすぐに聞かないとか、ずっと引っ付いてまわるとか、なんでもいいのですが、そういったことをした時に、親である自分の状態によって、怒ったり怒らなかったり、あるいは怒り方の強さが違ったりすることがあります。

 こちらの疲れがたまっていたり、寝不足だったり、仕事で嫌なことがあったり、そういうコンディションが不調のときは特にきつく怒ってしまう傾向があります。

 子どもからしたら、同じことをしているのに、怒られることもあれば、怒られずにすむこともある。ちゃんと口に出して言われることはありませんが、子どもながらに納得がいかないというか、不思議に思うこともあるんじゃないかと思うのです。だから、こういうのはよくないなと思っています。

 じゃあ日ごろからコンディションを整えて、常にニュートラルな状態でいればいいかというと、それが出来れば理想的ですが、ちょっと無理があると思います。

 仕事の忙しさにも波があるし、体調だって今みたいな季節の変わり目なんかは特に崩しやすいです。常に同じ状態でいるというのは出来るものではない。

 そういうことではなく、ここで言いたいのは、子どもは別に悪くないんじゃないかということです。

 同じことをしても怒る時と怒らない時がある。私たちが怒る時というのは、大抵「怒らせた相手が悪い」と思って怒るわけです。

 だけど、今言っているように同じことが起こっても、こちらの状態でとる態度が違うのであるなら、悪いのは、というか問題があるのは怒っているこっちの方なんじゃないか。と考えることも出来るのです。

 怒らない時というのは気持ちに余裕がある時です。体調がよかったり、嬉しいことがあったりすると、多少のことがあっても「まぁいいか。」で済ませることが出来ます。

 反対に怒るときは気持ちに余裕がない時で、神経が過敏になっている。イライラしている時はカッとなりやすいです。

 それで、こういうのはやっぱり波があるんです。余裕がある時もあればない時もある。だから余裕がないのがダメで、常に余裕を持てるようにしようというのではないのですが、ただ、余裕がなくてイライラしている時に、ちょっとだけでも余裕のある時の「まぁいいか。」を思い出せたらいいな、と思っています。

 それが出来れば、心がイライラでガチガチの時に、「あぁそうか、別にこんなムキになることもないのか。」と少し冷静になることが出来る。

 もちろん、本当にしかったり注意をしたりしなければいけないこともありますが、「怒っている時は、実はこっちにも問題がある」という考え方は、子どもと関わっているとけっこう大事だな、と最近思っています。

 良かったら皆さんも使ってみてください。

 今週も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 合掌

今週のごあいさつアーカイブはこちらから
ご 案 内
ご祈祷

ご 祈 祷

厄払い・合格祈願・車のお祓いなど

こどものご祈祷

こどものご祈祷

安産祈願・七五三・十三参りなど

ご供養

ご 供 養

水子供養・先祖供養

年中行事

年 中 行 事

初詣・節分祭・お砂ふみなど

お祈り守り

お祈り守り

予約不可日がございます。
こちらからご確認ください。

ぼけ封じ

ぼ け 封 じ

ぼけ封じ祈願について

墓地・葬儀

墓地・葬儀

鳥取の永代供養
金毘羅院墓地「照光苑」について

金毘羅院について

昭和37年、それまでは岡山県新見市を中心に活動をしていた先代の住職が、 新しい布教の場を求めて托鉢修行を発願いたしました。 その時に倉吉の地で 知り合った方から現在の金毘羅院の基礎となる土地を譲り受け小さなお堂を 建立しました。これが当山の始まりです。

その後、数度の建て直しを経て平成2年に現在の本堂が落慶されました。現 在ではご祈祷を中心に参拝者のご相談を聞くお寺として、地元や近隣の県よ り多くのお参りを頂いております。

また平成23年からは金毘羅院墓地「照光苑」を開き、永代供養墓「還阿堂」 を建立いたしました。

金毘羅院について
団体参拝

団体参拝(ツアー)

金毘羅院では団体参拝を受付けております。祈願ろうそく、ぼけ封じ絵馬からお選びいただきます。

出張

出 張

金毘羅院では年に4回、松江と福山に出張しております。どなたでも自由にご参加いただけます。