今週のご挨拶

【生き物全てが進化の頂点】  10月15日

秋雨前線が停滞しているのか雨の日が続いています。 晴れていれば明日、三徳山に上がる予定だったのですが、このままではどうも難しいようですね。悔しい。 今日はこちらの地域の秋祭りがあったのですが、そちらもお神輿が中止のようです。 お天気のことは人の力ではどうにもならないものなので、自分の都合に合わない天気になろうと誰のせいにもできません。 ただ世の中には「雨男、雨女」と言ってお天気が悪いのをその人の責任にされてしまう気の毒な方がいます。 私もたまに雨男扱いをされるのですが、みなさん、そういうことを言うのはやめましょうね。言われた方はわりと傷つくので。

さて、先日読んだ本に興味深いことが書かれていました。 この地球上に生息している生き物の中で、脳を持っている生き物はわずか0.13%しかいないということです。 地球にはたくさんの生き物がいます。我々哺乳類だけでなく、鳥類や魚類、昆虫も微生物も数多く生息しています。 その中で脳を持っている生物は全体の0・13%にすぎないらしいのです。


こう聞くと、脳を持っている生物で、とりわけ脳が一番進化した人間というのはまさに進化の頂点にいるんだなという気になりますよね。 しかし私が読んだ本にはそれとは逆のことが書かれていました。 脳というのは他の臓器に比べて大変燃費が悪いのですね。ヒトの体で一番エネルギーを使うのは脳です。 このエネルギーを得るためにたくさんの栄養をとらなければならず、そのためにはたくさん移動をして生息地を拡大していかなければいけない。 それに比べて脳を持たない生き物たちは、脳を持たない分よけいなエネルギーは必要ないですから燃費がいいわけです。だから脳を持たない生物は、脳を持つという進化の選択肢をとらなかったんですね。 その結果、脳を持たない生き物は地球上の実に99・87%を占める繁栄を遂げたのだというわけです。

私たちの進化した脳はつねに更なる発展を目指します。 おかげで技術は格段に進歩しました。便利なものがたくさん出来ましたし、世界中ではないですが食べるのに困らない状況が作られています。ですからわれわれ人間こそが地球の進化の頂点にいると思い込みがちになります。

「だけど、進化して、便利になって、それで果たして幸せですか?」

こう問われると考え込んでしまいますよね。 確かに便利な生活は楽が出来る。娯楽だってたくさんある。けれども日々の人間関係によるストレスはなくならない。お金の悩みも尽きない。そしていつか来る死に対する不安に苦しむ。 進化した脳は生活を豊かにしてくれたけど、進化した脳のおかげでたくさんの不安や苦しみを抱えることになる。 脳を持たない生物は、一見小さく、弱いように思えますが、不安や苦しみを抱えることもない。 脳を持っていても人間ほどの脳の大きさではない、例えば飼っている犬や猫を見ると、ヒトのように過去現在未来にわたって物事を複雑に考えたりせず、「今この瞬間」だけに生きていることがわかります。 そういう生き方は日々色々と悩みを抱えているものからみると、とてもいい生き方に見えます。

仏教で言う「悟り」とは目に見えるものをありのままに見るということです。 ありのままに見るということは、物事を見たときに自分の感情や考えを通さず、「私」というフィルターを通さずにものごとを受け取ることです。 そしてその悟りを得るために修行をします。 その修行は、一概に全てがそうだとは言えませんが、人の本能や脳の反応を否定するようなものが多いです。 怒りを否定したり、むさぼることを抑えたり、我慢をしたり。 そう考えると、仏教の目的というのは、進化しすぎた脳をゼロに戻すということに見えなくもありません。

進化した脳を持ちながら、一度その働きをゼロに戻す。そして修行を完成させると、脳を持ちながら物事をありのままに見ることが出来る。 そのような状態から見える景色というのはどのようなものなのでしょうね。 仏教のことも脳のこともなかなか興味が尽きません。

肌寒い季節になります。 皆様お体お気をつけください。

合掌

10月の行事予定

1 日    朔日祭 »
8 日   福山出張 »
14日   松江出張 »
18日  先祖供養の日
24日  水子供養の日

花だより
ご祈祷

ご 祈 祷

ご供養

ご 供 養

年中行事

年中行事

お祈り守り

お祈り守り

ぼけ封じ

ぼけ封じ

葬儀・墓地

葬儀・墓地

ご祈祷

ご 祈 祷

ご供養

ご 供 養

年中行事

年中行事

お祈り守り

お祈り守り

ぼけ封じ

ぼけ封じ

葬儀・墓地

葬儀・墓地

金毘羅院について
団体参拝
その他の活動
出張のご案内
...
トップへ戻る